公冠について

私たち公冠株式会社は1913年に創業しました。
『公冠』という社名は「公」(一般の人にも手が届く)「冠」(最高の品質)を提供するという思いが込められております。アパレル事業から2000年に心機一転、ウェブ事業をスタートし現在ではウェブサイト制作のみならず、クライアントの広告広報(プロモーション活動)をサポートしております。

私たちが大切にしていることは、「知る」ということ。 クライアントを知り、商品を知り、エンドユーザーを知る。そのため、ヒアリングのお時間や、お客様とのコミュニケーションのお時間をとても大事にしています。公冠がご提供したいのは、「流行」や「かっこいい」「おしゃれ」といった格好ばかりではなく、「クライアントにとって本当に必要なもの」。

与えられたニーズに応えるのは当たり前のこと。一番大切なことは、クライアントのまだ知らないユーザの声をキャッチアップし、適切な手段をご提案することだと考えています。
だから私たちは誰よりも「考え」「知ること」のできる人でありたいと思います。

公冠のメンバー紹介

代表取締役

髙井 宗一郎

100年の歴史は、
自らを革新し続けた結果です

取締役

佐々木 康之

組織作りを進め、しっかり対応していくことが課題

ディレクター

藤田 浩平

血の通ったコミュニケーションを感じました

ディレクター

高井 勇郷

人とのコミュニケーションが
主体的に取れる会社です

デザイナー

曽根 浩一

お客様を知り、
伝えることのできるデザインを
提供してます

フロントエンドエンジニア

井上 也実

やりたいと思えば
何でもやらせてもらえる
環境があります

フロントエンドエンジニア

冨田 剛士

スキルアップや制作フローを
より深く経験できます

公冠の歴史と沿革

公冠の創業からの歴史と変革をご紹介します。驚かれることが多いのですが、公冠の歴史は100年以上前からあります。創業時の繊維事業からの多くの先輩方のおかげさまで、現在のウェブ事業への変革をとげて歴史をつなぐことができました。

1913

1913

1913年8月に創業。
もともとは奈良県で大和絣の製造・販売を行い、
その商標に「公冠」とつけたことが始まりだった。

1950

1950

1950年5月に設立。

1993

1993

公冠ビルを竣工。

2002

2002

Webサイト制作事業をスタート。

2018

2018

EC事業をスタート。

2020

2020

自社サービスのデジタルサイネージ
「PANELIZE(パネライズ)」のスタート。